FC2ブログ

プリザーブドフラワーの作り方教えます。花大学

プリザーブドフラワーの作り方を紹介しています。プリザの制作を楽しみましょう。
021234567891011121314151617181920212223242526272829303104

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

1本のバラを作る(2)

1本のバラを作るの続きです。

本来1本のバラを作るのはお花と茎を分けて作り、あとからくっつけるように、説明してきました。

でも1本のバラのままできてしまうのです。

それでは続きです。


B液から取り出した、バラを今度は縦長の容器の中にらくらくプリザ液グリーンを入れます。

えー、らくらくプリザ液ですか??

もし、B液があれば、B液のグリーンでも構いません。

材料費をお安くするためにらくらくプリザ液を使っています。

花大学の商売的にはB液をオススメしたいと思います(笑)が、らくらくプリザ液でも作る事ができます。

こんな風にガクまでつかるような、茎の長さ、入れ物、液の量を調整してください。

らくらくプリザ液につけます

茎、ガクが緑色になったら(3〜4時間くらい)、取り出します。
今回はクリーミーブルーなので、少々グリーンが上がってきても目立ちませんが、お花がピンクとか水性の薄めの色だとすると、お花もグリーンで染まる可能性があります。
ご注意ください。


そして乾燥します。

乾燥は形が崩れないように横にしても構いません。
立てても構いません。

3〜4日で乾燥します。

出来上がったものがこれ。
乾燥中です。
葉は硬めなので、ご注意ください。
さすがにAB液で作っているので、ぱりぱりです。


ここでのミソはB液が水性を使っていることですね。
溶剤をお花に使うと濃いので、うまくグリーンが入るかどうか。
入ってもお花にもグリーンが入ってしまったり、茎に色が入らない事もあるかも知れません。

この手本を参考にみなさまも1輪のバラに挑戦してみてはいかがでしょうか?

あ、そうだ、これ、思いつきですが、1本のバラ、コンテストでもやってみましょうか?
だれが1本のバラを上手にプリザにできるか、とか。

あ、いや、ただの思いつきなので、、、、でも、やるかもしません(爆

スポンサーサイト
【 2013/03/29 】 らくらくプリザ液 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。