FC2ブログ

プリザーブドフラワーの作り方教えます。花大学

プリザーブドフラワーの作り方を紹介しています。プリザの制作を楽しみましょう。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

黄色のスプレーバラをらくらくプリザ液とA液B液で作ってみた

色が抜けにくいと言われているイエローのバラを使ってプリザーブドフラワーを作ってみました。

色は両方ともスカイブルー(水性)を使いました。
左はA液B液で作ったもの、右はらくらくプリザ液で作ったものです。
A液B液はまだ少し乾いておりませんので少し色むらになってます。
A液B液とらくらくプリザ液のスカイブルーを使うとこうなった。


同じお花を使うと違いがわかりますね。
黄色の色素はお花から離れにくいので、黄色のバラはA液B液を使ったほうがいいと考えます。
ただ、少し緑っぽいお花を作りたい場合はあえてらくらくプリザ液で色が抜けないことを利用してプリザーブドフラワーを作ることもできます。
ピンク、サーモンピンクで染めたら、オレンジっぽくなります。

誤解なきように言いますとらくらくプリザ液の脱色の力がが弱いのではなく、
色が抜けにくいお花があります。
それが黄色系(イエロー、オレンジ)の色です。

溶剤のレッドなどを使えば、元のお花の色に影響を受けることは少ないのですが、水性を使うと影響ができるという顕著な例です。

黄色のお花を使う際にご注意ください。
黄色に染める場合には何の影響もありません^^

スポンサーサイト
【 2015/06/19 】 プリザAB液 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。