プリザーブドフラワーの作り方教えます。花大学

プリザーブドフラワーの作り方を紹介しています。プリザの制作を楽しみましょう。
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

リーフ液でバラの茎と葉を作ろう

リーフ液の使い方は何度かかいていますが、肝心のバラの葉や茎を作る工程をかいていませんでした。
当初よく作りましたが。。。

それではバラの葉の作り方です。

まずはビンやコップみたいなものに作りたい色のリーフ液を注ぎます。
だいたい2センチか3センチくらいのところまで入れましょう。
リーフ液を注ぎます

お花を切ったあとのバラの茎を用意します。
リーフ液でバラのお花はできません(枯れてしまいます)のでお気をつけ下さい。
茎を適当な長さで切ります。短い方が液は入りやすいです。
バラの茎を用意します。

バラの茎をリーフ液に挿してあげます。
このまま1週間から2週間経つと出来上がります。
バラの茎をリーフ液に挿します。

1日経ったバラの葉を見てみましょう。
色が鮮やかな緑色になってきました。
なんとなくカサカサしてきた感じです。
葉の裏をみると水の通り道にリーフ液が入っている事がわかります。
1日経ったバラの葉です。

リーフ液は水の代わりにリーフ液を吸い上げてプリザにするものです。
植物の吸い上げる力でプリザにするものなので、吸い上げの弱いお花や水しか吸わないお花は枯れてしまいます。
新鮮でない葉も枯れてきます。

細い枝は細ってきますので、太い茎の方がいいかもしれません。
グリーン単色だと濃い色になりますので、イエローやクリアにグリーンを入れて薄めた色にすることをお勧めします。

それではみなさんも作ってみてくださいね^^/
関連記事
スポンサーサイト
【 2012/01/19 】 リーフ液 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。