FC2ブログ

プリザーブドフラワーの作り方教えます。花大学

プリザーブドフラワーの作り方を紹介しています。プリザの制作を楽しみましょう。
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

リーフ液でバラの葉を作るときの注意点

※※リーフ液の入り方がわかりやすいようにリーフ液のピンクを使っています。※※

通常、バラをリーフ液に浸ける時はこのように葉がついたまま茎ごとリーフ液に挿します。
ローズの枝をリーフ液につける
これはこれで正しいですが、よく見ていただくとあまり葉が染まっていない、多分このままだと葉はほとんど枯れてしまうでしょう。

バラの茎や枝が欲しい場合はこの方法しかありませんが、葉が欲しい場合は別の方法があります。

下の写真を見てください。ペットボトルのキャップにリーフ液を入れて、バラの葉だけを入れています。
このようにすると短時間に吸い上げができますので、バラの葉が枯れる前にプリザになるのです。
ローズリーフをリーフ液につける
※キャップから葉が落ちてしまうことがあるので、たまに見てあげてください。

・液に入れてすぐのころのバラの葉はこんな感じです
ローズリーフだけをリーフ液につける1

だんだん色が染まって、3日ほど経ったバラの葉は下の写真のようになります。このまま1週間以上おいてあげてください。リーフ液が少なくなったら追加してあげてくださいね。
ローズリーフだけをリーフ液につける2
色が染まっていない葉がありますが、葉が枝から外れていました。

今回はわかりやすく、ピンクでやってみましたが、ブルーで作るとわりと濃い感じのいい葉ができます。
もし、少し時間が経ってしまったローズリーフがあれば、こんな感じで作ってあげるといいです。

ぜひ試してみてください。


関連記事
スポンサーサイト
【 2013/08/30 】 リーフ液 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。