FC2ブログ

プリザーブドフラワーの作り方教えます。花大学

プリザーブドフラワーの作り方を紹介しています。プリザの制作を楽しみましょう。
111234567891011121314151617181920212223242526272829303101

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

プリザーブドフラワー学・水分について

今後不定期で「プリザーブドフラワー学」と題し、プリザーブドフラワーを感覚的に作るのではなく、理解しようというそんなお話です。

ずっと考えていたことなのですが、
なかなか乾かないお花やぱりぱりのお花、同じ名前のお花でも品種による出来の違いなどがおこることがあります。

なんでだろ。。。うーん。。。

まずは第1回ということで、このお題から。

それは。。。。。




「お花の水分について」




〈えっ!お花の水分?プリザーブドフラワーは水を含んでいないので軽いって習ったけど。〉



そうですね、プリザーブドフラワーは水は含んでいないとなっていますが厳密にいうとお花の中には「乾燥」という工程で空気中の水分を吸って柔らかいソフトの状態で保つことができるのです。

ですが水を含んでいるといっても生花のように水分が必要なわけではありません。あくまでソフトに保つために水分を保有しているとお考えください。

プリザーブドフラワーの制作過程で丁度いいように適度の水分を保ち柔らかさを保つように液剤が配合されています。


○症状から見たプリザの水分量

★花弁に腰がない、花弁が柔らかめ、お花が重くて茎から下方に傾く、縮む(柔らかめで下向き)

「元のお花の水分 < プリザにしたお花の水分」のケースです。

対応は、たとえばA液にくぐらせて、乾燥を試みる。
エアコンの暖房が風が当たるようにして乾燥させる。
ドライヤーや布団乾燥機などで乾かしてみてください。


☆固めの仕上がり、乾燥してぱりぱりの感じ、縮む(固め、カサカサ)

「元のお花の水分 > プリザにしたお花の水分」の場合」ケースです。

対応は次回はらくらくプリザ液で作ってみる。
A液B液にらくらくプリザ液を混ぜて作ってみる。
などが考えられます。


プリザーブドフラワーもできた、できないだけではなく、どうしたら上手に作れるか、失敗しないで作れるのかなどこれからもまじめに考えていきます。

題材を思いついたらまた書きます。

完成したダリア(レッド)
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。